オンラインショップ

トカラ列島について|ABOUT TOKARA

「刻(とき)を忘れさせる島」というキャッチフレーズをもつトカラ列島。 日本最後の秘境ともいわれる無人有人の小さな島々には 手付かずの自然が残されています。 トカラ列島周辺の海域は「黒潮」が流れ込むため、 冬場でも水温が高く、 豊富な種類の魚やサンゴが たくさん生息しています。

刻(とき)を忘れさせる島 吐噶喇列島。

十島村

私たちのふるさと十島村は、屋久島と奄美大島の間に
点在し、トカラ列島と呼ばれ、北から
口之島、中之島、平島、諏訪瀬島、悪石島、小宝島、
宝島の有人7島と、臥蛇島、小臥蛇島、小島、上ノ根島、
横当島の無人5島の合わせて12の島々で
構成されています。
南北約160kmに及ぶ「南北に長い村」であり、
島々は、広大な海によって隔絶され、
厳しい自然環境にありますが、 民俗的にも琉球文化と
大和文化の接点と言われ、
今もなお独持の祭事・郷土芸能が受け継がれています。
また、県立自然公園にも指定され、
自然生物学的にも温帯と亜熱帯の交差地域とされ、
生物の中には、国や県指定の天然記念物も
多く含まれています。
近年の本村の取り巻く環境は極めて厳しいものが
ありますが、 スローライフ、スローフードに
代表されるような「癒しの空間」を創造・提供し、
「人と自然が創る ぬくもりの島々」を目標に掲げ、
村民一体となって英知を集め、
健康で明るく潤いに満ちた、元気で
住みよい村づくりに努力しているところであります。

十島村村長 肥後正司

最後の秘境

中之島|NAKANOSHIMA

トカラウマ(県指定 天然記念物)

トカラウマは日本国有の純粋種とされ、
県もその保存に努めている貴重な馬です。
ここでは、自然と共存するいきいきとした
トカラウマの勇姿を目にすることができます。

悪石島|AKUSEKIJIMA

ボゼ祭り

この地でならではのユニークな姿の仮面神ボゼが
悪霊を追い払い人々を新たな生へと導きます。
この独特な祭りは毎年旧暦の
7月16日に行われています。

宝島|TAKARAJIMA

隆起サンゴ礁の島(県指定 天然記念物)

大胆に姿を変える雲、
輝くばかりのエメラルドグリーンの海。
自然が織りなす壮大な景観に言葉もなく
誰もが立ち尽くしてしまいます。

トカラ列島への行き方

トカラ列島への交通手段は船便しかありません。
詳細は十島村の公式ホームページでご確認ください。

詳細はこちら
フェリーとしま 運行表

※平成26年6月 更新

フェリーとしま 運行表

※貨物受付:出港当日9時〜12時・13時〜17時まで
※手小荷物:出港当日19時〜22時まで
※自動車航送:出港当日9時〜17時(無人車)、9時〜21時(有人車)まで
※この予定表は、鹿児島港を基準に作成しております。
※天候等の影響によっては、出入港が変更になる場合がありますので、事前に出入港日をご確認ください。

写真提供:渕上印刷株式会社